12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

school of fish!!

  : 

魚を食べると死んじゃうかもしれないアングラーの釣りブログ。ヒラメ、サクラ、アキアジ、ロックフィッシュ、ソルトルアーでフィィィィィッシュ!!あ、フィッシングウェアの企画、生産、販売始めました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

極寒エゾメバリング 

夢のような仕事が急に入り、すこしアタフタしている近頃。

この業界はほんとに急な仕事が多い。しかもそんな仕事こそスケジュールが物凄くタイトだ。

例えて言うなら「絵鞆漁港の堤防と堤防の繋ぎ目」ぐらいタイトだ。あそこには極小ギスカジカがいる!


■1月29日
素材撮りをするために午後から市内のあちらこちらへ。天気は良好!電線やら工場群やらを撮影してまわり、最後は堤防から対岸の工場を……

と現地に着くと吹雪。
対岸が見えない!

見えるのは個人を断定できる車が一台。


堤防の先へ目をやると、もちろんいました。

タツさんです。



しかも、なにやら魚をキャッチしたまさにその瞬間。

リリースする背中を遠目で伺ってましたが、挨拶をしにカメラをもって先端方面へ。

話しをしてみると、やはりさっきのはアブだったとのこと。
羨ましいかぎりです。

私はというと、横殴りの雪の中『際と波』を撮ってやりました。


実は仕事とは別に作品を作ろうと、今年に入ってから釣り関係の映像を撮りためているのです。

作品はカラコレのレベルアップが目的ですが、大手釣具メーカーのCM並にまでもっていければ最高!

撮影には不向きの悪天候により早々に帰宅しました。

タツさんお邪魔しました!





この日はナイト撮影も予定していて、あちこちまわったのですが不発。
遅い時間だと人工的な光が足りない。

まともに使えそうなものは………。


せっかく防寒して家を出てきたのだからナイトロックでもしてやろうと車に積みっぱのタックルでアレしてきました。

体力も限界だったので30分限定。


厳冬期におけるガヤ・ソイの活性調査と題して竿をふりました。
思えばこんな時期にナイトロックしたことない。

驚くことに先客が一人いました。
見知らぬ人ですが、あなたも数寄者ですね!

ってどっかで繋がってそうな人だったな。

調査結果は、

1.軽めのジグヘッド+シャッドで表層~中層を探る→反応なし

2.軽めのジグヘッド+シャッドで際立リトリーブ→コンスタントにバイトありキャッチ1 食いは浅い

3.テキサス+シャッドでボトムを探る→コンスタントにバイトありキャッチ2 食いは浅い


足元に浮いてる個体も結構いたが、全く反応してこなかった。

予想通りの結果ではあるが、エゾメバリングで癒された。

キャッチしたのはガヤのみだったのが悔やまれる。



撮影からの冷却続きで手が痛かった。

とてもじゃないがiPhoneで写真なんか撮れる状態じゃなかったね。


以上!
スポンサーサイト
ガヤ  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

若手の輪? 

19日にも夕方ちょいと出撃したのですがボでした。
相方のヒロキは2カジカ。

もちろん悔しいので…



■1月21日
前回の悔しさもありましたが、本日は前々から予定していた釣りデイ。

いつもの2人(wtr氏&ヒロキ)と朝から伊達方面へ。

着いてフィッシングベストを忘れるというアクシデントに気付く。

一箇所目。
トイレで出遅れた私。

さっそくリグを投入し、ボトムをスローリトリーブ。


ゴンっ!


いきなりかと思って、重みを感じてからフッキング。



すぽっ!


クソっ!



少ないチャンスを物にできず。



小移動。




際を探っていきますが無反応。



穴打ちするが無反応。



9.6ftルナミスで遠投してスカッとしようと思い、準備して離れた場所にいた2人のとこへ向かうと、ガッツポーズしてる。

アブが1匹陸に上がっています。

やりましたヒロキ。

テトラと堤防の角スリットからでた模様。

続けて同じスリットでwtr氏がアブをゲット。




出遅れた…。



少し粘るが反応なし。

思い切って室蘭へ移動することに。

穴が多めないつものポイントへ。
wtr氏は少しやって札幌行かれました。

続けて探るも反応なし。


昼休憩でコンビニから戻ってくると、徒歩でランガンしてるアングラーが!?

あのロッドとリールは見たことあるなぁと思い、いろんな人のブログの記事を思い出して該当者一件。

車にいく用があったので、近くを通った時に思い切って声をかけました。


思った通り彼でした。
釣りキチこーせー君
http://s.ameblo.jp/ziguheed/


まぁ、この時期に打ってる人は限られるよね。

一緒に釣りをすることに。


しばらく探ってるとガヤが


アブどこ行った?


ヒロキもこーせー君も渋いみたいなので移動!


ポイントに着いて早速穴打ちするも反応薄い。ショートバイトのせれず…。


やがて雪もちらつき風もつよくなる。




小さく移動してガヤを1匹追加。

あやしいバイトはまたものせれない。

結局日没まで3人で粘りましたが、そのままストップフィシング。


今回は思わぬ出会いがあり面白かった。
いやー、若いってすばらしい!
まだまだ自分も若手と思ってましたが、10歳違うとポテンシャルも違う!

負けられない~

wtr、ヒロキ、そしてこーせー君またいこう!


しばらくお休みしようかな。

厳冬期のリーツー 

2012年のスタートをやっとこさ切ってきました。

今年からカテゴリを魚種で分けようか。

■1月17日
久々に天気がよく風も落ち着いたので、午後から南向きの漁港へ。

開始直後から雪がちらつき、なぜか向かい風…。

横には投釣師が竿を出していますが、釣れてない様子。

キャストを繰り返し穴を探って行きますが、出ない。



ゴンっとショートがあったものの載せれず、その後も粘るが反応なし。
ポイント移動。


渋っすな~


夏場は賑わうポイントもこの時期は誰もいません。が、迷わずやります。


反応なし、なし、なし、なし。


やっとコツっとしたショートバイトにフッキングすると結構な重量感。


むしろ重量感のみ。
ビッグマウスなあいつかと思いながら寄せると、フックアウト。


OMG!!


同じ穴を探るが、ホヤがかかったのみで終了~。


ボだったな。

やっちまったな俺。


明日はヒロキとリベンジいってくるか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。