05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

school of fish!!

  : 

魚を食べると死んじゃうかもしれないアングラーの釣りブログ。ヒラメ、サクラ、アキアジ、ロックフィッシュ、ソルトルアーでフィィィィィッシュ!!あ、フィッシングウェアの企画、生産、販売始めました!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

6月1~6日 

サボっていると、ブログがめちゃくちゃになる。
いかんな。

mixiとの連携もしてみたんだが、見れてるのかな。。。


さて6月に入り気温も上昇!!
水温はいまいちとの噂。

でもちょこちょこと海には行っている。
あんまりいい釣果がないのが残念。


■6月3日
某漁港の沖防に嫁さんの父親とK氏と渡る。

ここは去年秋、デカアブ、デカソイを出したところ。
実績はある。
ガヤはワームがボトムに着かないほど釣れる。
今時期はカモメの卵があちこちにあり、親鳥につつかれそう。
17時半に入釣し、ボトムでアブを狙う。


が、カタクチイワシの群れが邪魔だww
狂ったように岸壁にアタックしている。

IMG_0082.jpg

これはいいベイトになっているだろう。


気を取り直して、ロックフィッシュ。
K氏がアブをかけましたが、水面でフックオフ。
タモが遅くてすまないことをした。

イワシChang…ラインにあたってますよ!!



と、ロングステイしていると強烈なあたりが!!!
ファーストテーパーのロッドがしなっています。

「何ぞ!!」


よこでK氏がタモを準備。


はい、バレました~


何だったのか気になる。




陽も沈みかけ、ヒラメチャンス!
外海にキャストするが反応なし。


おとなしくソイします。
K氏30cmジャスト
私27cm

それぞれ1匹ずつ。

嫁父はアブ1、ガヤたくさん。
6月だというのにガヤは子持ちも。

でかいの釣りたい。


■6月4日
沖防で水揚げしたカタクチイワシは下処理して、
オイルサーディン(オイル漬け)とアンチョビ(塩付け)、そして魚粉に。
どれも時間がかかる。
そうこうしているうちに4日の朝3時。

もちろんそのままヒラメトライ!
反応なし、でません。

悔しいのでマリーナでアブ狙い。
IMG_0083.jpg

IMG_0084.jpg

こいつとこいつが出ました。

消化不良のまま帰る。


■6月6日
K氏と夕方から某漁港のちょっとシークレットポイントでアブ狙い。
生体反応なし。

移動し、ヒラメアタック開始!!


至近距離のK氏からなぜか着信が!?

振り返って駆け寄ると………

何かがテトラ際にもぐりこんでいます。
タモを入れます。
平物です。
ネットインします。


でました!!!!!
IMG_0090.jpg


2人で興奮します。
写真を撮ります。

念願のラメヒーです。
48cmです。


でも釣ったのは私ではありません。
悔しいです。

I氏が合流しました。
3人でテンションがあがります。

キャストします。
その後、釣れませんでした。


帰ります。

めげずにまた行きます!!


ラメヒー釣りたい。
今シーズン1枚はだすぞ!!





スポンサーサイト
釣りまとめ  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top

5月まとめ 

前回に引き続き、5月の釣行をまとめやす。

まずは

■5月5日
ニセコで室蘭の後輩たちを撮影。
一人救急車で運ばれました。

病院に付き添い。
さて、向かうは余市港!

ヤリイカ狙い
エギにソイがチェイスしてきたため、ワームにチェンジ!
極小ソイと戯れました。
NEC_0294.jpg

気を取り直して、エギング!
結果1匹。渋かった。写真撮るの忘れた!

翌日札幌で仕事のため、銭函の実家へ。
朝、冷蔵庫に入れていたヤリイカがなくなっていました。
両親が朝にイカ刺にして食ったらしい。


■5月6日
札幌での仕事を終わらせ、小樽港へ。
ヤリはあまり出ておらず、様子見。
南ではアメ、サクラを狙ってる人もいました。

厩でサイトウケイタ君というスキーヤーに話しかける。
案の定、共通の知り合いがたくさん。
こういう出会いもあるわけです。

臨海公園でヤリの群れが目撃されたとの情報をゲットし攻めるもまったく反応なし。
その後、南でアンディーさんとそのチャリ仲間さん2人(すみません名前が。。。)と合流しロック!!
アンディーさん3投目でソイゲット
アタリはあるもののでない。
横でアンディーさんがガヤを連発しています。

強風。

移動。

再び南へ戻る。
基部でタコに遭遇。
一人でタコと30分格闘しましたが、逃げられる。
中間部でロックしているアンディーさんの後ろで密かにエギング。

でました(画像は後日自宅にて)
NEC_0299.jpg

深夜2時アンディーさんたちと別れ。

そのまま一人余市港へ。
偵察するも特に、何も出ず。

そのままの流れで、
■5月7日
サクラを探して古平、神恵内、泊、岩内、寿都と車を走らせる。
南に下がるほど風が強くなり岩内へ戻る。

サクラはあきらめ、岩内フェリー埠頭でホッケ。
ロックではまったく反応なし。
仕方なく、サビキへチェンジ。

結果4本出ました(前日のイカが袋の中で。。。)
NEC_0298.jpg

以外に楽しいものですね。
隣で竿出してたご夫妻が親切で、なおかつ面白かった。
NEC_0297.jpg

そのまま室蘭へ帰宅。
結構走ったな。


■5月11日
22時から追直漁港へ。
2インチワームで際を探る作戦。
ソイがぽつぽつ、良型のガヤがコンスタントに釣れる(たまにカジカも)
ガヤは抱卵。
釣りすぎた。
NEC_0303.jpg

身は刺身、煮付けに。
卵も煮付けにしてやんよ。


5月13日
前回に続き、追直へ。
NEC_0306.jpg
NEC_0307.jpg

まぁ、こんなもんでしょ。


■5月17日
ちょっと早いが、崎守にてヒラメ偵察。
数投でかすかにアタリがあったため、あわせる。
乗りません。

が、回収すると
NEC_0308.jpg

ナンデスカコレハ?

今だに判明していません。


■5月18日
近所のシークレットポイントへ

知ってはいたけど、相変わらずシマさんが多いこと。
NEC_0311.jpg
NEC_0312.jpg


■5月20日~26日
20日から26日まで帯広を中心に十勝管内でロケハンの仕事。
時間があったら久々のフレッシュをしようと思いタックルを積んでいった。

基本的には日の入りでロケハン終了。
一週間の間に休憩時間やロケハン終わりで音更川、然別川、士幌川、利別川などを攻めて見ました。

IMG_0037.jpg
IMG_0038.jpg
IMG_0039.jpg
IMG_0053.jpg

20センチ代がでました。
いや~久々のニジちゃんは楽しかった!



5月はこんな感じだったな。












釣りまとめ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

4月まとめがき 

もう2ヶ月も放置してたのか。
3日ボウズもいいとこじゃないか。

さてさて、まとめて行きますよ。

■4月7日
NEC_0277.jpg
NEC_0278.jpg
ファミリーフィッシングin室蘭港

チカを釣って天麩羅に。


■4月26日
余市港でヤリイカが釣れているとの噂をききつけ、札幌での仕事を終わらせ余市港へ。
先発してすでにお帰りになったアンディーさんから情報をしいれ、偶然に同港へきていたお肉ことストリームと合流。
いるわいるわ白い群れが!!
横でストリームが1匹掛けるも、俺だけ釣れない。
ポイントを変えて粘るが釣れない。

そのうちに大雨。
周りに誰もいなくなるが粘る。

キターーーーー!!
目の前でヤツらがたむろしています。

でました7ハイ。
独り占めはまずいと思い、近くのおじさんに声をかけ一緒に釣りました。


NEC_0286.jpg


■4月30日
子供の顔を見せるために祖父のいる松前町字江良へ。
祖父は86歳。昔はバリバリの漁師でしたが今は毎日口をあけてテレビを見ています。
それでも、私に“海”が何たるたを教えてくれた重鎮の中の一人です。

夜に嫁と子供と祖父家において、釣りへ。
私の父母もいるから大丈夫だろうと。
江良漁港での釣りは何年ぶりだろうか。。。
かれこれ10年以上

天候が悪いですが、釣れる予感がバリバリします。
NEC_0290.jpg

一投目からゴツン!!
ここのソイはやる気に満ち溢れています。
4インチのシャッド系に20センチ代がアタックしてきます。

2時間ほどやってキープ4匹
NEC_0292.jpg

以外に後が続かなかった。。。



他にも釣りには行っていたのですが、これといっていい釣果はなし。


次回は5月のまとめ

でわ!

釣りまとめ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。